テキトーのススメ

時事ネタ、ダイエット、美味しいもの…気になることをゆる~く書いてます

これはヒアリ?と悩んだら…

   

ニュースでも報道されているので皆さんもご存じであろうヒアリ。
2017年5月20日に兵庫県の神戸港に到着した貨物船のコンテナの中から見つかったのを皮切りに、愛知、大阪、東京、岡山で見つかっています。

攻撃性もあり、刺されたら最悪死に至ることもある殺人蟻とも呼ばれるヒアリ。
正しい知識を持って、必要以上に怖がらないことも大事かな?と思いますので、ヒアリの情報を書きたいと思います。
「もしかしてヒアリ?」そう思った時に相談出来る場所の情報も掲載しますね。

 

ヒアリってどんな蟻なの?

 
出典:ホウドウキョク

南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている。

主にアルカロイド系の毒と強力な針を持つが、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある。命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある。そのため殺人アリと呼ばれることもある。

引用元:Wikipedia

 

ヒアリに刺されると死ぬって…ホント!?

 
ヒアリに刺されると死ぬと言うことで恐怖を感じている方もいると思います。
が、実際はヒアリに刺されたことによる死亡率はそう高くないようです。

アメリカで「ヒアリに刺されて年間100人が死亡」という話もあるようですが、それを裏付けるデータはないようです。
かといって、1998年までに少なく見積もっても累計44人の死亡が確認されているので致死率0%ではない。
でも交通事故で亡くなる確立よりは低いようです。

出典:「ヒアリでの死亡例はない」は誤報!100人とはいかないまでも44人の死亡が確認(ハーバービジネスオンライン)

 

これはヒアリ?と迷ったら…

 
実際に蟻を見て種類がわかる方は少ないでしょう。
専門家でもヒアリかどうかを判別するのは難しいらしいです(泣)
テレビで見るヒアリは茶色い。
でも、日本の蟻にも茶色い品種の蟻はいます。

出典:http://doorto.net/hiari-5224

上の写真が日本の在来種の中でもヒアリに似た種類です。
こんな蟻がいるんですね…見たことがない。
でも、こんな蟻を見たら勘違いしちゃいますよねぇ。

 

ヒアリの特徴
体は、赤茶色の小型のアリ
腹部は黒っぽい赤色
お尻には毒針がある
大きさは2.5から6ミリとバラつきがある

背中にラクダのようなコブがあります。
色は赤ですが、赤っぽい蟻は日本に沢山います。
なので色で見分けるのは難しいです。

引用元:NEVERまとめ ヒアリ警察に頼らない「火蟻の見分け方」を教えます

 
「これはヒアリ?」と迷った時に参考になるサイト等を紹介します。

Twitterをやっているなら、このアカウントは非常に役に立ちます♪

ヒアリ警察 @_Solenopsis

写真を送ると、ヒアリかどうかを教えてくれます。
一般の方が善意でやってくれています。
迷惑になりますので、イタズラで全然関係ない写真は送らないように!!

東京都の環境局でもHP上で見分け方、刺された時の対処法など情報の公開をしています。

東京都環境局HP http://gairaisyu.tokyo/species/danger_15.html

 

もしもヒアリに刺されたら?

 
もし、ヒアリに刺されたらかも…と思ったら、まずは刺された場所から毒を絞るように流水でよく洗い、清潔なガーゼなどを当てた上から冷やしてください。

そして、20~30分は涼しい場所で安静にして様子を見ます。
腫れがひどくなったり、発熱、ショック症状が現れるようならすぐに病院へ!

次第に腫れてくるが重篤ではない場合には皮膚科か内科を。
ショック症状が出て危険な場合は救急病院へ。

 

軽度の症状…「熱い」と感じる激しい痛み・かゆみ、、10時間程で膿が出てくる

中度の症状…かゆみを伴うじんましんが全身・部分的に出てくる

重度の症状…呼吸困難・血圧低下・意識障害・吐血

最悪の症状…アナフィラキシーショックで死に至る

引用元:毒蟻のヒアリ(火蟻)に刺された時の症状と処置法 見つけた時の対処法

 
ぜひ参考にしてください。
私の職場にマレーシアの方がいるのですが「日本は騒ぎすぎ!」と言ってました…(汗)

 

もしヒアリを見つけたら…?

 

もしもヒアリを見つけたら最寄りの自治体に連絡してください!

 
 

ニューヨークスイーツ専門店「チャプチーノ」
可愛くて美味しい♪ 管理人イチオシです。




 - 時事ネタ