テキトーのススメ

時事ネタ、ダイエット、美味しいもの…気になることをゆる~く書いてます

羽生が精密検査の為に緊急帰国!気になる怪我の状況は?

      2014/11/11

fb611186

テレビで見ていた方も多かったと思いますが、昨日のフィギュアスケートグランプリシリーズの第3戦、中国大会での羽生選手のアクシデントは衝撃的過ぎて…。
テレビで見ていたんですが、中継が終わるまで(終わっても)心臓がバクバクしっぱなしでした。

 

アクシデントはフリー演技前の6分間練習で起こった…

悲劇は演技直前に起こった。前半の5人が滑り終わったところで、後半6人の練習時間が始まった。6分間で感触を確かめていく普段通りの時間。体を回しながら後ろ向きにリンク中央へ向かったときだった。反時計回りに正面を向こうとしたところに、猛烈な勢いで閻が突っ込んだ。

互いに顔面、全身にかけて激突。勢いで両者が大きくはじけ飛んだ。会場が一瞬で凍り付いた。そのままうずくまる羽生。真っ白なリンクが頭、あご付近からの血で赤く染まっていった。数分後、なんとか立ち上がると、おぼつかない足取りでリンクを去り、控室に消えた。もう誰もが演技は無理と思った。

だが、再び観客の前に羽生は姿を現した。頭はテープでぐるぐる巻き。あごにも止血テープが貼られていた。そのまま鬼気迫る表情でリンクに入り、ジャンプの感触を確かめる。そして、滑る決意を固めた。

  nikkansport.com 羽生2位 激突 流血 それでも立った

誰もが棄権と思ったであろう。
が、羽生結弦は演技をすることを諦めなかった…。

 

羽生結弦、アクシデント乗り越え2位! 滑りきった後は泣き崩れた…

棄権をしても不思議はなかったが、オーサー・コーチによると、羽生は直後には出場を決意していたという。頭にはテーピング。痛々しい姿でリンクに立った。
 気力だけだっただろう。冒頭の2種類の4回転ジャンプにも果敢に挑んだが、転倒。新たに組み込んだ後半の4回転こそ回避したが、残りは予定通り挑み、計5度転んだ。
 それでも立ち上がり、4分半、最後まで演技し続けた。大会前から腰の状態も万全でなかったが、フリー2位で合計でも2位。今季初戦を飾れなかったことより、改めて精神力の強さを示した。中国のファンも大きな歓声を送った

  時事ドットコム 気力の演技、アクシデントに屈せず=滑り切った羽生-中国杯フィギュア

 

気になる怪我の状況は?

本日、羽生選手は精密検査の為に緊急帰国しました。
気になる症状ですが…
現地ではアゴを7針。
耳の上をホチキスでとめたようです。
帰国後、都内の病院に直行したようで、検査の結果は10日以降に判明する見込みだそうです。

 
棄権をせずに競技をしたことに賛否両論あると思います。
私も彼の選手としての今後を考えると、棄権した方が良かったと思います。
でも、どうしても滑りたいという羽生選手の気持ちもわかる気もする。

羽生選手のプロ意識の高さには感動しました。
転倒しながらでも最後まで諦めずに演技を続ける姿にはさらに感動!

でもまずは、きちんと治療に専念して欲しい。
そして完璧な「オペラ座の怪人」を見せて欲しいものですね♪
検査結果が何事もありませんように…。

 
【追記 2014.11.11】
都内の病院で精密検査を受けた結果、頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫により、全治2~3週間と診断されたようです。

大事に至らなくて良かった。
とりあえずゆっくりと治療に専念して下さい♪

 


おせち+シャレオツなオードブルもイイネ♪

 - つぶやき